大学を卒業し就職して思ったこと

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

大学を卒業し就職して思ったこと

就職する前によく自分を見つめ直す

就職は誰もがいずれする事になります。この就職というものは簡単に出来るような事ではなく、会社の人と面接をして双方に得があると確認されてから働くことになります。つまり、会社にとって必要な人材であると認めてもらうことが出来なければ、その会社に入社する事は出来ません。

これはとても難しい事です。長くて一時間程の面接で自分の必要性をアピールして気に入ってもらう必要があります。いくら中身の素晴らしい人間であっても、このアピールする力が無ければその素晴らしい人間性も伝わらずに終わってしまいます。優秀な面接官であれば緊張を解いて就活生を導くように質問や会話をしてくれますが、面接官も同じ人間であるのでそれほど優秀な人はあまりいません。そして面接官はそれぞれ個人の考え方を持っています。例えば、こちらから導かないとアピール出来ない人材はいらないと思っている人もいれば、導いて魅力を引き出させるのが面接官の仕事であると考えている人もいます。就活生にとっては面接官の心情を読み取る事は非常に難しいので、しっかりとアピール出来る様に準備しておく事が大切です。この準備にあたってまず考えることは、自分は社会人としてふさわしい人間かということです。つまりは挨拶がしっかり出来て一般常識を持っているということです。挨拶は普段していないと気が入っていない挨拶になります。本番でいきなり清々しい挨拶をするということは不可能です。面接官もそれを知っているので、日頃から常識ある行動をすることが大切です。

Copyright (C)2017大学を卒業し就職して思ったこと.All rights reserved.