大学を卒業し就職して思ったこと

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

大学を卒業し就職して思ったこと

就職に必要な自分のスケールと汎用性

すでに広く知られ、定説となっているのが、仕事を選ぶにあたっての自分のスペックを高めることです。就職にあたってある程度のスケールを持つことは、商社に勤めるにせよ、居酒屋の店員になるにせよ、必要になります。私たちが働く職場は、人間同士が協力し合って成り立っているのです。それは介護でもサービス業でも変わりはありません。逆にいえばコミュニケーションさえしっかりととれていれば、公務員でも医者でも働くことは可能になります。

ネットでさまざまな仕事関連のサイトを見て、それぞれのいいところを探してみました。すると、どんな仕事も必ず役立つ知識や能力が身につけられるとわかったのです。工場で働くにせよ、ゲームセンターで働くにせよ、身につく力は違います。しかし、そこでまじめに働き続け、お金をもらうことに変わりはないのです。就職を成功させるためには、自分にある程度の汎用性がないといけません。これは、学生時代からの友人関係などで培われるものでしょう。

企業というのは、年齢層の平均化したい状況がある中で、景気や定年者数のバランスを考慮しながら採用を行うようですが、特別な教育や訓練を受けていなくても、フリーターから一部上場企業の正社員になる事が出来る、個人の努力で就職を手にすることが出来る時代になり始めたように思います。確かにやりたい仕事を手にすることが出来れば良いでしょうが、自分がどれだけのチャレンジが出来るのかを試す事も、これから必要になってくるはずです。

Copyright (C)2017大学を卒業し就職して思ったこと.All rights reserved.